Skip to Contents

HYUNDAI DEPARTMENT STORE GROUP

Social Responsibility of Business

  • CEO问候
  • 集团社会公益活动方向
  • 现代百货店社会福利基金会
  • 集团社会公益活动

愛を分け合う幸せな同行、現代百貨店グループが共にします。

現代百貨店社会福祉財団

現代百貨店グループは多様な児童福祉事業をより体系的・専門的に遂行するため、2006年『現代百貨店社会福祉財団』を設立しました。
『現代百貨店社会福祉財団』は鄭夢根名誉会長と鄭志宣会長の私財出捐で設立されました。財団の設立によって今まで各系列企業で展開されていた様々な児童福祉事業をさらに効率的に遂行できるようになりました。また、社会的弱者の自立基盤造成、社会福祉団体および施設への支援などを展開し社会の福祉向上に寄与しています。

財団運営実績

現代百貨店社会福祉財団は設立以来、児童福祉部門を核心事業に設定して展開しています。また、児童福祉部門の他、低所得の社会的弱者のための多様な福祉活動を徐々に拡大していきます。


								2018 児童福祉事業 2,420,217, 片親家庭支援 405,400, 障害児童支援 112,044, 低所得層支援 495,500, その他 358,978, Total 3,792,139. 
								2019 児童福祉事業 2,661,807, 片親家庭支援 381,700, 障害児童支援 153,722, 低所得層支援 545,368 その他 350,496, Total 4,101,229. 
								2020년 児童福祉事業 2,396,006, 片親家庭支援 375,900, 障害児童支援 210,861, 低所得層支援 576,985, その他 258,396, Total 3,818,147.
								(単位: 1,000 KRW)

财团事业领域

  • 児童福祉事業

    未就学児童から小・中・高校生に対する家計支援、福祉施設支援、文化活動支援、教育プログラム支援、医療費支援など、様々な児童福祉プログラムを運営しています。特に、最も大事な成長期を送っている未就学児童と小学生を重点的に支援しており、児童福祉機関に対しても持続的に後援しています。

  • 片親家庭支援事業

    最近、離婚・別居・配偶者死別などの原因による片親家庭が増えています。その中には経済的に困っているケースがほとんどです。現代百貨店社会福祉財団は、このような家庭の子供たちが明るく成長し社会の健康なる構成員になれるよう、家計支援・教育支援などの後援事業を実施しています。

  • 障害児童支援

    身体の不自由さや経済的な困難、社会からの偏見と闘う障害者への細かい心遣いと支援が必要です。現代百貨店社会福祉財団は、疎外された障害者への家計支援と共に、社会的な関心を集めることができる様々な障害者福祉事業を展開しています。

  • 低所得層支援

    大韓民国は経済的・文化的に一層豊かになっていますが、生活の基本となる衣食住を心配しているお隣たちが多いです。現代百貨店社会福祉財団は彼らの基本的な必要事項を満たすと同時に将来自立できる基盤作りに役に立てるよう、色んな団体と連携した後援活動を持続的に展開しています。

  • その他のボランティア支援事

    他にも現代百貨店社会福祉財団は社会の貧困・障害・寂しさ・疾病を乗り越え、豊かで希望に溢れる社会作りに貢献するため、積極的に各種ボランティア事業を実施しています。