Skip to Contents

HYUNDAI DEPARTMENT STORE GROUP

事業分野

  • 事業概要
  • 流通
    • 現代百貨店/アウレット
    • 現代ホームショッピング
    • 現代百貨店免税店
  • ファッション
    • HANDSOME
  • 総合食品
    • 現代グリーンフード
  • トータルリビング
    • 現代LIVART
    • 現代L&C
  • メディア
    • 現代HCN
    • 現代IT&E
  • レンタル
    • 現代レンタルケア
  • B2B
    • 現代ドリームツアー
  • 建設装備/製造
    • Everdigm
  • ビューティー/ヘルス
    • 現代Bioland

現代百貨店グループの事業領域及び関連系列会社の情報を提供します。

事業概要

1971年設立以来現代百貨店グループは、顧客の信頼の元で持続的に成長してきました。

現代百貨店は、大韓民国を代表する上品の百貨店として、現在全国に百貨店15店とアウレット8店を運営し、各地域のショッピングカルチャーを先導しています。付け加えてソウル市内に現代免税店2店を運営し、国内外観光客にショッピングの楽しさを与えています。また、デジタルショッピングの先頭である現代ホームショッピングや国内トップクラスのファッションブランドのメッカであるHandsome、国内最高の総合食品企業である現代グリーンフード、総合リビングカルチャーブランドである現代Livartと現代L&C、顧客に合わせたトータルライフケア企業現代レンタルケア、B2Bに特化している現代ドリームツアーとEZWEL、マルチメディアコンテンツ時代のリーダーである現代Futurenetと現代HCNと現代IT&E、そして建設機械専門グローバル企業であるEverdigmまで、現代百貨店グループは総合生活文化企業へ成長しています。

今後も変化と核心を通じて既存事業の競争力を強化し、積極的なマーケットへの対応と共に新しい成長力発掘を行うことでVISION 2030への道を進みます。

2020年グループ売上高 23兆ウォン 流通(都心型/プレミアムアウレット, 複合ショッピングセンター, オンライン/モバイル強化, 免税店進出, ホームショッピングの競争力強化, ホームショッピングの海外進出), ファッション(海外進出, 新規ブランド育成), 家具(生活用品事業(Williams Sonomaなど), B2C/B2B拡大), 総合食品(団体給食, 企業型外食, 食材流通, Retail流通, HMR, ブランド外食事業), メディア(有線放送, OTT(EVERYON TV), Volp、PP拡大, デジタルサイネージなど, VRテーマパークなど), レンタル(新規レンタル品目開発(キチン/マットレスなど), ブランドイメージ向上), B2B(商用旅行産業強化, MICE産業, 法人差S-ビス事業強化), 建設装備/製造(海外マーケット拡大, 製品ポートフォリオ強化), 事業開発戦略, 企業文化戦略, 経営インフラ戦略